沖縄でダイビングショップをお探しならSOLKISS(ソルキス)

沖縄の離島暮らし!4年住んでみて感じた良い所と悪い所

皆さんこんにちは、

ダイビングショップSOLKISSのひろやです。

 

現在は沖縄本島で暮らしていますが、

以前、沖縄の西表島に4年間住んでいました。

コンビニもなく、カラオケもラーメン屋も無い島、

必要最低限のモノしかありません。

あるのは広大なジャングルと綺麗な海!

夜は満天の星空が最高のおつまみ♡笑

そんな島に4年間住んでみた経験を、

記事にしてお伝えしたいなと思います。

 

『島暮らしって楽しい?』

『島の恋愛事情』

『嫌なこともある?』

といった疑問をお持ちの方に、

お役に立てればと思いぽちぽち指を動かします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

沖縄の西表島

西表島は沖縄本島のさらに南にある、

八重山諸島の1つです。

島の8割はジャングルに囲まれていて、

沖縄には珍しい大自然が残る島です。

「東洋のガラパゴス」

とも呼ばれていて、

西表島特有の珍しい生き物がたくさん生息していて、

沖縄の他の離島とは雰囲気が全く違います。

 

西表島についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

▼参考記事▼

沖縄の離島、西表島ってどんなところ?

 

西表島を選んだ理由

私が西表島に来るきっかけになったのは、

ダイビングインストラクターという仕事です!

当時の学校で紹介された場所が、

西表島だったのですが、正直行くのは嫌でした!笑

特に島の事は知らなかったのですが、

環境が変わる事に怯えていたのだと思います。

それでも移住を決めた理由は、

一生に一度の経験だと思ったから!

たぶんこんなに何も無い島に住むことなんてないから、

一回だけでも経験しておこう!

嫌ならすぐに帰れば良いし、修行と思って頑張ろう^ ^

 

と、考えるようになったのがきっかけです!

まさか4年も住む事になるとは思わなかったですが、

初めのきっかけなんて皆さんこんな感じだと思います。

🟠面白そうだから

🟠経験として行ってみようかな

理由はこれだけで十分!!

後は行ってみてからなんとでもなります^ ^

 

という事で、

こんなノリで住んでみたけど実際はどう感じたのか?

良いところと悪いところを紹介していきます。

他の離島にも当てはまる事がほとんどですが、

一部、西表島特有の部分もあります。

 

沖縄の離島に住んで良かった所

まずは良かった所からお伝えします。

個人的な意見になりますが、

基本的には皆さんにも当てはまるのではないかなと思います。

離島に住んでみたい人ならではの良い所です。

では、1つずつみていきましょう。

 

海が目の前

やっぱりこれが最大の良さです!

小さな島では大体の家は海まですぐ!

西表島ではほとんどの家が、

数秒歩けば海が見える場所に位置しているのでは?

調べた訳ではないのでわからないですが、、、(笑)

それぐらい離島にとって海は身近な存在なんです!

夕日の時間になると毎日海沿いを散歩したり、

暑い日はすぐに海までダッシュ!!

海好きにはたまらない環境ですね♡

 

海が綺麗

またしても海の話題ですが、、、

海の透明度が本当に綺麗すぎます!!

沖縄本島でも十分に綺麗ですが、

離島の海はそれをさらに上回る綺麗さです。

さらに水中にはたくさんのカラフルなサンゴや、

周りを泳ぐ綺麗な熱帯魚が見渡す限りに生息しています。

まさに天然の水族館!

いつ見ても感動の連続です^ ^

 

沖縄の海が綺麗な理由

生活用水や工業用水が少ないのももちろんですが、

自然の要因としてプランクトンが関係しています。

海の濁りの原因にはプランクトンや河川からの水の流れが関係していて、

プランクトンが少なければ少ないほど、

海の濁りも少なくなります。

沖縄の海はこのプランクトンが少ない、

『黒潮』と呼ばれる海流に面している事が理由の1つです。

 

暖かすぎる島の住民

島の人は暖かい人が多いイメージです。

西表島は地域の繋がりも強いので、

何か困っても周りの人が助けてくれます。

田舎あるあるだと思いますが、

●親からお菓子がたくさん送られてきたから、

●釣りに行ったら魚がたくさん釣れたから、

など、ご近所同士のお裾分けも多いですね。

やっぱり1人ではなかなか大変な島暮らしも、

周りの人と協力しながら暮らしていけるところが島暮らしの良いところですね。

 

また、西表島では島出身の人より、

移住者の方が多いので、

お互いの気持ちを理解しやすい面でも、

暮らしやすい島だと思います。

 

都会では絶対にできない経験

大自然の中で暮らすことこそ、

都会では出来ない経験の1つですが、

その他にも紹介したい島ならではの面白い経験もたくさんあります。

移住当初、実際に起こった出来事を紹介します。

 

実際に遭遇した経験

夜に車で走っていると、

道路にはたくさんの生物が現れます。

イノシシ、カエル、カニ、ヘビ、

などなど、それだけでもすごいのですが、

一番びっくりしたのがヤシガニです^ ^

こいつが現れたのでびっくりして写真を撮っていたら、

さらにびっくりする事態に発展!

 

島のおじいがそっと現れて、

「もらっていっていいかい?」

と、かなりデカめのヤシガニを上手に捕まえて、

嬉しそうにお家に持ち帰っていくんです。

『えっ、食べれるの?

しかもそんなスーパーで野菜を取り上げるように・・』

カッコ良すぎる♡笑

島の凄さを見せつけられた瞬間でした!

 

ちなみに後から知ったのですが、

ヤシガニのハサミはかなり強力で、

間違って指を挟むと一発でちぎられるみたいです。

その力は300kg以上なんだとか、、、

さらにヤシガニは希少価値が高く、

結構高値で取引されているんです!

しかも味はとっても美味しい^ ^

 

と、こんなびっくりする出来事が毎日のように続きます!

自然だけでなく島の文化や人との触れ合いも、

離島暮らしの良いところの1つですね。

 

 

離島の悪いところ

今までは良いところを紹介しましたが、

もちろん悪いところもありました。

次は島暮らしで大変だった事についてお伝えします。

これも人それぞれの価値観がありますが、

1つの意見と思って参考にしてみてください。

 

お店が少ない

チラッとお話ししたように、

西表島にはお店がほとんどありません。

買い物は島に数件ある商店でのみ。

たまには焼肉やマックが食べたい♡

ファストフードってなんで食べたくなるんですかね?

なくなるとわかりますよ(笑)

 

居酒屋も数件あるだけで、

集落内の居酒屋なんて数ヶ月住めば全部行けちゃいます。。

もちろん美味しいんです!!

ただ、やっぱり数年も住めば飽きがきてしまうのも事実。

 

物がない事は良い面でもある

実は物が少ない島暮らしについては、

良いところに入れようかと思ったくらいです。

 

その理由は、

物のありがたみがマジで身に染みる!

年に一回は実家のある大阪に帰っていたのですが、

お洒落している綺麗な人はたくさんいるわ、

街のネオンはキラキラしているし、

ちょっと街を歩けば美味しそうな店が選び放題!

コンビニに行けば美味しそうなデザート、

飲み物やお弁当、雑誌もなんでも揃っています。

(*西表では雑誌は予約しないと届かない。)

コンビニがディズニーランドの見えるくらいです!笑

 

初めてドラえもんのいる近未来に、

タイムワープしたみたいな感覚ですかね。

毎日目がキラキラしてたのを思い出します。

決して西表が辛い場所な訳ではないですよ(笑)

改めてこんなに物のありがたみや、

凄い時代に生まれてきたことに感動しているんです。

 

ただ、それと同時に、、

現代社会はモノに溢れすぎているのでは?

それは本当に必要なモノなのかな?

と、ふと感じたりもしますが。。

 

世間が狭い

これは良い面でもあるのですが、

人によっては悪い面でもあると思い、

紹介させていただきました。

実際に、島暮らしや田舎暮らしでは、

住民との関係が上手くいかないという声も多いです。

 

●どこどこのだれだれがデートしていた

●石垣島のどこどこで歩いていた

●あそこの会社をクビになった

などなど、そっとしておいて欲しい状況もあるかもしれませんが、島ではそういう噂がすぐに広まります。

 

島の行事ごとや組合などにも、

できるだけ参加したほうが良いです。

もちろん個人の自由で参加しなくても良いですが、

島で上手く暮らして行く為には、

地域住民との上手なお付き合いが必要です^ ^

 

島では出来ない手続きがある

八重山諸島の島の住所はほとんどが竹富町になります。

ですが、竹富町役場が石垣島にしかありません。

役場出張所は、西表島と波照間島にありますが、

出張所では取り扱っていない手続きもあります。

 

そういう場合は、

わざわざ石垣島までいかなければありません。

今でもよくありますが、

「ハンコを忘れた」

「身分証明書を忘れた」

など、ついうっかり忘れ物をしてしまっても、

すぐ取りに帰る事ができないのでかなり不便です。

 

送料が高い

沖縄本島ですら送料が高いですが、

沖縄の離島だとさらに高くなります。

離島だと発送を受け付けていない物もあります。

当時は今ほどフリマプリが一般的ではなかったのですが、

今のことを思うと島から発送する際にも

送料が高くなってしまうので大変ですね。

あと、到着がかなり遅いです。。

最低3日くらいはかかっていましたね。

やっぱり東京から2000kmも離れていれば、

多少、送料や日数がかかるのは仕方ないですね。

割り切るしかない問題でした。

 

以上が当時感じた悪い所の紹介でした。

やっぱり良い面があれば悪い面も出てくるのが人生。

無い物ねだりの人間ですが、

自分の人生にとって何が一番大切なのか!

そんな事を考えるきっかけを島暮らしを通して、

与えられたような気がしています。

 

 

西表島の恋愛事情

『そんな島でも恋愛とかできるの?♡』

最後に番外編として、

離島の恋愛事情についてもお伝えしておきます。

 

結論から言うと、恋愛は出来ます!

理由は簡単!

🔵移住者が多い

🔵コミュニケーションが取りやすい

この2つの理由から恋愛は出来やすいと考えます。

 

移住者が多い

沖縄の離島では、

暖かい夏に働きに来るリゾートバイトの人など、

毎年移住してくる人が多いので、

島での出会いはかなり多いと思います。

その分出る人が多いので別れも多くなるのが、

島の寂しいところです。。

 

コミュニケーションが取りやすい

「出会いは多くても話す機会が無くない?」

と思うかもしれませんが、、

島ではイベントや行事ごとが多いのです。

集落が離れている人と知り合うことは難しいですが、

普通に暮らしていれば、どこかのタイミングで必ず知り合えます。

 

東京の街中でいきなり声をかけると、

相手を嫌な気にしてしまうかもしれませんが、

島暮らしでは初めて見る顔の人に声をかけるのは、

至って普通の事なんです。

ギラギラしていると不審がられますが、

想いやりを持ってお話ししてあげると、

相手も安心して話せると思います。

 

と、言うことで意外にも島での恋愛はあります。

ただ、世間が狭い島暮らしではお付き合いするとすぐバレます。

付き合う前からバレますね(笑)

なのでいろいろな人にちょっかいをかけていると、

一気に噂が広まるので要注意です!

一途な気持ちでいてくださいね♡

 

沖縄の離島暮らしを辞めた理由

『そんなに気に入っていたならなんで離島暮らしを辞めちゃったの?』

とおもわれるかと思いますが、、

『不便すぎる。。』

島を離れた理由はこれにつきます。

 

やっぱり島でしか出来ない経験もありますが、

都会で普通にできる経験が島では出来ません。

西表島は最高に楽しいし移住もおすすめしますが、

住み続ける事はなんとも言えません。。

仕事のこともあるし、家族のこともあります。

 

私もちょうど結婚を考えていたタイミングだったので、

子どもが出来た時にこの島で子育ては大変だし、

できるだけたくさんの経験をさせてあげたい!

そう思ったのがきっかけでした。

将来や家族の事を考えた結果、

島を出ることを決心しました!

 

自分1人だったらもしかすると今でも西表島に住んでいたかもしれませんね^ ^笑

 

 

沖縄の離島暮らしブログまとめ

今回は沖縄の離島暮らしの良い所悪い所を紹介しました。

私の感想としては、

神経質な人は島暮らしには向かないのかもしれません。

住人との関係はかなり近いので、

プライバシーなんてものはほとんどありません。笑

それが島暮らしの良いところでもあります!

私はそれが好きで長く暮らしていましたし、

実際に住み続けている人は、

優しくて面倒見が良い人が多かったです♡

ぜひ、離島暮らしに興味がある方は1度住んでみる事をおすすめします!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます^ ^

 

ご相談はLINE、Instagramからお気軽にご連絡ください(^^)

⬇︎

LINE (質問・相談がスムーズ)

Instagram(毎日沖縄の情報を発信)

沖縄の海はSOLKISSで非日常な体験を♫

https://solkiss.net

24時間
受付中
ご予約・お問い合わせはこちら 矢印
telアイコン098-988-7258

営業時間:8:00〜21:00

ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください。

ご予約はこちら! LINE@でご相談受付中!